最新情報

著者:iplaw-qo

知的財産を活用した高付加価値農林水産物の開発と展開セミナー [熊本・福岡]

知財ネット

※画像をクリックすると、PDFファイルが開きます
 

企画の目的

弁護士知財ネット九州・沖縄地域会は、九州における農林水産事業に関する知的財産権(農林水産知財)の更なる活用を図るため、今回、農林水産知財において連携する関係各官庁、弁護士・弁理士等の実務家、大学・企業等に協力頂き本セミナーを開催いたします。

本セミナーでは、地理的表示・種苗等を所管する農林水産省、特許・商標制度等を所管する経済産業省(九州経済産業局)の担当者による各制度の解説、弁護士・弁理士等による農林水産知財活用の実務の説明、大学により開発された『近大マグロ』、農林水産知財の活用に積極的に取り組みブランドを構築した『つまんでご卵®』からの実例報告をいたします。

農業・畜産事業者の皆様の農林水産知財への理解・活用を実現するとともに、農林水産分野の事業に携わる関係者の皆様の農林水産知財活用の連携の契機となるまたとない機会ですので、幅広い分野の方々の参加をお待ちしております。

募集人数

各回60名(※各回の講演内容は全て異なります。両回参加も可能です。)

参加費

無料

 

開催要項

第1回(熊本開催)

日時:2017年10月20日(金) 13:00~17:00

①13:05~14:00
基調説明① 農水知財制度の解説
農林水産省食料産業局知的財産課 課長 杉中 淳 氏
②14:00~14:40
基調説明② 農水知財制度の実務
弁護士知財ネット代表幹事 弁護士 田邊 俊 氏
③14:50~15:30
農水知財制度の実例報告「近代マグロ」
近畿大学 教授 諏訪野 大 氏
④15:45~16:55
パネルディスカッション
場所:
TKPガーデンシティ熊本(ホテルサンルート熊本内3階)
map-image 
開催場所の地図(google map)を開く

第2回(福岡開催)

日時:2017年12月20日(水) 13:00~17:00

①13:05~14:00
基調説明① 農水知財制度の解説
九州経済産業局地域経済部 産業技術課 知的財産室 室長 横田 之俊 氏
②14:00~14:40
基調説明② 農水知財取得・活用の実務
弁護士 大久保 秀人 氏
③14:50~15:30
農水知財制度の実例報告「つまんでご卵(R)」
有限会社 緑の農園 専務取締役 早瀬 憲一 氏
④15:45~16:55
パネルディスカッション
場所:
株式会社NCBリサーチ&コンサルティングセミナールーム(博多座・西銀ビル13階)
map-image 
開催場所の地図(google map)を開く

主催:
弁護士知財ネット 九州・沖縄地域会
共催:
日本弁護士連合会、日本弁理士会九州支部
特別後援:
西日本シティ銀行、(株)NCBリサーチ&コンサルティング
後援:
知的財産戦略推進事務局、九州農政局、九州経済産業局(知的財産室)、九州弁護士会連合会、一般社団法人九州経済連合会、九州農業成長産業化連携協議会、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、日本政策金融公庫(九州内各支店)、大分銀行、北九州銀行、九州フィナンシャルグループ、佐賀銀行、佐賀共栄銀行、十八銀行、長崎銀行、福岡中央銀行、豊和銀行、南日本銀行、宮崎銀行、宮崎太陽銀行

 

参加申込

受講をご希望の方は、パンフレット裏面の申込フォームにご記入の上、FAXにて弁護士知財ネット九州・沖縄地域会までお申込み下さい。定員になり次第、締切とさせていただきますので予めご了承下さい。

pdf-image パンフレットを開く

申込み締切

第1回(熊本開催) 2017年10月16日(月)

第2回(福岡開催) 2017年12月15日(金)

 

お問い合わせ先

弁護士知財ネット 九州・沖縄地域会(田邊法律事務所内 担当:森)

TEL:092-761-2221 / FAX:092-761-2222
tnb-law@h6.dion.ne.jp

著者:iplaw-qo

知財マネジメントスクール 2016(著作権について)

知財ネット_A4-01
※画像をクリックすると、PDFファイルが開きます

 

企画の目的

平成28年5月に知的財産戦略本部より発表された「知的財産推進計画2016」では、IoT、ビッグデータ、人工知能などの第4次産業革命の進展と超スマート社会(Society5.0)への展望、TPP協定を契機に加速する経済のグローバル化を背景として、「第4次産業革命時代の知財イノベーションの推進」「知財意識・知財活動の普及・浸透」「コンテンツの新規展開の推進」「知財システムの基盤整備」を骨子とした計画を策定しています。また、九州においても、福岡市におけるスタートアップ特区を始めとして、コンテンツ産業を中心にイノベーション創出のための制度づくり・人づくりが進んでいるところです。

このような中で知財マネジメントの必要性は日々高まっており、上記知的財産推進計画2016においても人材育成は計画の内容に含まれている中、地元企業各社においても、知財に対する関心はあるものの、それを担う人材がいない若しくは足りないという現状が続いています。そこで、弁護士知財ネット九州・沖縄地域会では、平成24年度まで地元企業担当者及び実務家をターゲットとした知財マネジメントに関するスクールを開講し、平成25年度はスタートアップカフェとの共催で経営者の方々に知財の必要性を講演していただきました。

10年目にあたる今回は、著作権に関わる契約関係の確認及び国際間での著作権に関わる問題を、中小企業においても活用しやすい形にしたスクールを開催したいと思います。

募集人数

30名(※定員になり次第、締切とさせていただきますので予めご了承下さい。)

受講料

一般 20,000円 / 学割 10,000円
※第2回のみ無料(受講生は優先席を準備の上、懇親会へ参加可能)

開催要項

第1回

講師:久世 勝之 弁護士(久田原・久世法律事務所)

日時:2017年1月27日(金)16時~21時

  1. ① 16:10~17:30 講義「著作権の管理に関する一般的な注意点」
  2. ② 17:40~19:10 ワークショップ・発表・契約書案の検討
  3. ③ 19:20~21:00 ワークショップの内容を踏まえた上で、契約書検討の際の注意点及びノウハウ管理の基礎知識

場所:TSUTAYA BOOKSTORE TENJlN(今泉)6階セミナールーム

第2回

講師:水野 祐 弁護士(シティライツ法律事務所)

日時:平成29年2月20日(月)18時~21時

  • 18:00~21:00 講義「クリエイターのための渡世術~法的観点を踏まえて~」

場所:TSUTAYA BOOKSTORE TENJlN(今泉)3階スタートアップカフェ

第3回

講師:倪 挺剛(にい ていごう) 弁護士(大邦法律事務所)

日時:2017年3月22日(水)16時~21時

  1. ① 16:10~17:30 講義「日中間の著作権契約の締結に関する注意点」
  2. ② 17:40~19:10 講義「中国における海賊版・模倣品対策」
  3. ③ 19:20~21:00 講義「中国の文化産業の市場参入」

場所:TSUTAYA BOOKSTORE TENJlN(今泉)6階セミナールーム

  •  第2回、第3回目はワークショップを予定しておりませんのでご注意下さい。
  •  講義の内容については変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

map-image 開催場所の地図(google map)を開く

 

参加申込

受講をご希望の方は、パンフレット裏面の申込フォームにご記入の上、FAXにて弁護士知財ネット九州・沖縄地域会までお申込み下さい。

定員になり次第、締切とさせていただきますので予めご了承下さい。

pdf-image パンフレットを開く

 

お問い合わせ先

弁護士知財ネット 九州・沖縄地域会(田邊法律事務所内)

TEL:092-761-2221 / FAX:092-761-2222

著者:iplaw-qo

知財マネジメントスクール 2015(10周年企画)

知財ネット_A4-01
知財ネット_A4-02


弁護士知財ネット九州・沖縄地域会では、過去8回にわたり、毎年、知財に関する実践的な知識や法理論に関する第一線の弁護士による講義に加えて、受講生が主体的に参加するワークショップの機会を設けた「知財マネジメントスクール」を開講してきました。

本年度は、弁護士知財ネット九州・沖縄地域会の10周年記念に加えて、福岡市が国家戦略特別区域法のグローバル創業・雇用創出特区に指定されたことから、福岡市雇用労働相談センター及び福岡市スタートアップカフェとの共催により、福岡市を代表する通販、IT、飲食の分野における成功企業の代表者を招き、その軌跡や成長戦略をお話しいただくと共に、スタートアップ時における法務(知的財産法・労働法)につき、弁護士が解説を行います。

起業を考えていらっしゃる方や、今後の成長戦略を検討中の経営者様向けに、夢のある新規事業展開を行う後押しとなるような情報を提供致します。

【開催時期・開催場所】
開催時期:2015年12月~2月(毎月1回・全3回)
第1回 2015年12月19日(土)16:00~18:00
第2回 2016年01月18日(月)18:00~19:30
第3回 2016年02月22日(月)18:00~20:00
開催場所:福岡市スタートアップカフェ
(福岡市中央区今泉1-20-17 TSUTAYA BOOK STORE TENJIN 3階)

【参加費用】 無料

【対象者】 今後起業することを意図しておられる方、
      起業後3年以内の企業の経営者様、
      同企業に勤務されておられる方、
      新規事業展開を検討中の経営者様。

【定員】  70名

【お問合せ先】 弁護士知財ネット九州・沖縄地域会
       iplaw-mtanaka@iplaw-net.com

【講師のご紹介】
s-goto-syachou第1回(12月19日16:00~18:00)
新日本製薬株式会社 代表取締役社長
後藤 孝洋 氏

福岡に本社を置き、通信販売事業の立ち上げにかかわり、年間約200億の売上を上げる巨大企業に成長させた。平成24年「おもてなし経営企業選」を受賞し、社会に貢献できる企業として幅広い発展をめざしている。現在、国内そして海外で広く活躍している。

 

s-LEVEL5_hino第2回(1月18日 18:00~19:30)
株式会社レベルファイブ 代表取締役社長 / CEO
日野 晃博 氏

子供たちにワクワクしてもらえるゲームを作りたいという思いから、福岡にレベルファイブを設立。現在大ヒット中の「妖怪ウォッチ」「イナズマイレブン」シリーズなど、クロスメディア展開を得意とする。また、「レイトン教授」「二ノ国」シリーズなど、幅広いユーザーに向けた温かみのある作品作りが特徴。

 

s-DSC_3580第3回(2月22日18:00~20:00)
鮨「行天」 大将
行天 健二 氏

下関で開業後、福岡に移転し第二創業。わずか2年で「ミシュランガイド福岡・佐賀版」で三ツ星を獲得。外国人を雇用して鮨文化を広めたり、子供のための日本食文化教室を開催するなど、幅広く活躍している。

著者:iplaw-qo

知財マネジメントスクール 2014(法務戦略編)

「商品展開における知財の有効利用」
~ その有力商品・地域特産品は、知財で十分に保護されていますか? ~

主催:一般社団法人福岡県発明協会/弁護士知財ネット九州沖縄地域会
後援:九州経済産業局、福岡県、福岡市、北九州市、福岡商工会議所、北九州商工会議所
※一部、後援予定の団体を含みます。

弁護士知財ネット九州・沖縄地域会では、過去7回にわたり、毎年、九州経済産業局あるいは一般社団法人福岡県発明協会との共催により、知財に関する実践的な知識や法理論に関する第一線の弁護士等による講義に加えて、受講生が主体的に参加するワークショップの機会を設けた「知財マネジメントスクール」を開講してきました。

8年目となります今回は、「商品展開における知財の有効利用 」をテーマとした3回のスクールを開催します。
講師陣は日本の知財実務を牽引する4名の知財専門弁護士であり、3回のスクールでは、
①商品の名前や形態、パッケージデザインを利用した「効果的なブランディング」を図る知財戦略、地域団体商標や「色」、「音」などの新しい商標の活用法、
②農業・畜産業等の第1次産業が盛んな九州・沖縄地域の特性に着目した、「種苗法による新品種の実効的な保護」に関する知識・ノウハウにつき、「海外への展開も視野に入れた解説」、
③知財を効率的に運用するために不可欠となる「ライセンス契約」「共同研究・開発契約」「海外契約」等の「知財に関連する契約についての基礎知識及び実践的な留意点」の解説を行います。

3回のスクールを通じて、主力商品・特産品における知財に関する諸問題を網羅し、会社や地域における商品・特産品等の開発・販売に際しての「知的財産権の実践的な活用法」を提案いたします。業種・規模・産官学を問わず、九州・沖縄の産業の将来を担うべき方々に参加いただき、事業の発展に活用いただけますよう、多数のご参加をお待ちしております。

■日時:2014年11月~2015年1月、計3回(各回午後1時~6時)
第1回 2014年11月 7日(金)
「商品の「表示」に関する知財の注意点と効果的な活用法」
講師 伊原 友己 弁護士・弁理士

第2回 2014年12月 4日(木)
「種苗法による新品種の保護」
講師 松本 好史 弁護士・弁理士

第3回 2015年 1月20日(火)
「今さら聞けない知財契約の基礎知識」
講師 末吉 亙  弁護士
   佐藤 安紘 弁護士

■会場:天神ビル 11階会議室(福岡市中央区天神2-12-1)
■定員:30名程度(応募多数の場合は、主催者による選考により決定いたします)
■参加料:3万円(3回分合計。ご欠席の回がありましても返金できません。)
■お申込方法:お申し込みは、以下の窓口に記載事項を、メールまたはFAXでお送りください。
[申込先] 一般社団法人 福岡県発明協会 担当:久保田
e-mail : kubota@jiii.smile-net.ne.jp
FAX : 092-409-5485

[記載事項] ①会社・団体名 ②所属部署 ③氏名 ④住所 ⑤電話・FAX ⑥Eメール

著者:iplaw-qo

特別講演「アセアン進出法務の現在」について

弁護士知財ネット九州・沖縄地域会 特別講演
「アセアン進出法務の現在~シンガポール、ベトナム、インドネシア編」

アジアに開かれた九州において、企業の海外進出はますます加速している状況にあり、特に注目を集めているのが、急激に成長するアセアンへの進出です。なかでも、優遇税制、安定した政治情勢、整ったインフラをバックボーンにしてアセアンの地域統括拠点として存在感を示すシンガポール、製造業が数多く進出し「世界の工場」の地位を得つつあるベトナム、2億4000万人の人口を誇り消費市場としても注目を集めるインドネシアは、アセアンの中でも中心的な位置づけにあるといえます。

今回の講演では、アジア地域専門の法律事務所であるケルビン・チア・パートナーシップ法律事務所シンガポールオフィスから、マーロン・ウィ弁護士と木村剛大弁護士をお招きし、これら3か国を取り上げてアセアン進出法務の課題についてご説明いただきます。「チャイナプラスワン」という言葉も日常的になった昨今、アセアン進出に不可欠な知識や実例を学べる、またとない機会ですので、ぜひご参加ください。

講師紹介

マーロン・ウィ(弁護士)
フィリピン大学政治学部及び法学部を卒業
1999年フィリピン弁護士登録
マニラの大手法律事務所勤務の後2006年よりケルビン・チア法律事務所勤務
ミャンマー、インドネシア、タイへの企業進出、合併と買収、合弁事業の案件を取り扱う

木村 剛大(弁護士)
2005年慶應義塾大学法学部法律学科卒
2007年弁護士登録(第一東京弁護士会)
ユアサハラ法律特許事務所入所
2013年5月米国Benjamin N. Cardozo School of Law卒(法学修士,知的財産法専攻)
2013年8月よりケルビン・チア・パートナーシップ法律事務所シンガポールオフィスに勤務
シンガポール案件の他インドネシア、ベトナムなどの東南アジア周辺国案件にも関与している

■日時:2014年 7月11日(金)17:30開演 19:30終了
■場所:天神ビル11階 11号会議室(福岡市中央区天神2-12-1)
■申込締切日:2014年 7月 4日(金)
■問い合わせ先:弁護士知財ネット 九州・沖縄地域会(担当:池辺・江口)
■申込方法:下記FAX またはEメールにて、貴社名、ご連絡先(電話番号)、お名前(複数ご参加の場合は代表者名)、参加人数を明記のうえお申込みください。

FAX:092-736-1560
Eメール:iplaw-mtanaka@iplaw-net.com

著者:iplaw-qo

知財マネジメントスクール 2013(法務戦略編)

事業を発展させるための、知財リスク防衛と知財活用法
- 国内・国外の知財リスク防衛と知財活用法を具体例から解説します -

主催:一般社団法人福岡県発明協会/弁護士知財ネット九州沖縄地域会
後援:九州経済産業局、福岡県、福岡市、北九州市、福岡商工会議所、北九州商工会議所
※一部、後援予定の団体を含みます。

知的財産権に関する知識は、企業活動における知財リスクを適切に回避するとともに、知財の有効活用による高付加価値、高競争力、さらには国際競争における優位性の確保の実現にとって、不可欠となっています。

一方、九州における中小企業の現状は、知的財産権についての対応が不十分であったり、知的財産権の取得をもって満足してしまい、その知的財産権を有効に活用して事業活動の成功に結び付けるノウハウや、知的財産権のみでは賄えない取引リスクに対処するための契約書や紛争解決に関する知識が十分ではないため、結果として知的財産権をビジネス展開に有効に活用し切れておらず、思わぬリスクによって事業活動の障害要因となっている現状が見られるところです。

弁護士知財ネット九州・沖縄地域会では、過去6回にわたり、九州経済産業局等の共催または後援により、知的財産マネジメントスクールを開講して参りました。

7年目にあたります今回は、「事業を発展させるための、知財リスク防衛と知財活用法」に焦点をあて、国内および国外において事業展開をしていくに際し、知財リスクを効果的に回避し、かつ、自社の知財を積極的に活用して事業成果を上げていくために不可欠な知財全般にわたる知識及び実践的なノウハウを提供してまいります。

技術系の企業はもちろん、サービス業や飲食、物販といった幅広い業種にわたって、ビジネスを成功させるための知財ノウハウを凝縮して解説します。さらに、今回は、海外展開時の知財戦略を学ぶため、海外進出および撤退に関する現状と注意点を解説する他、もし国際取引や海外進出でトラブルが発生した場合の効果的解決方法や、その予防方法についても、わかりやすく解説します。

講師陣には、経営法務や知財法務、海外業務に経験豊富な実力派の弁護士をお招きする他、中国で日本企業向けに法務サービスを提供する中国人弁護士による日本語での講義や、国際取引や進出におけるトラブル解決に大きな役割を果たす日本商事仲裁協会の専門家による解説も予定しております。

また各回講義の後には、実践形式のワークショップの機会を設けており、参加者の皆様から「実践的ですぐ役に立つ」との評価をいただいております。つきましては、産官学を問わず、事業経営に役立つ基礎的な知識とノウハウの獲得を目指す多数の皆様方のご参加を、心よりお待ちしております。

開催日時

平成25年11月~平成26年2月、計4回(各回午後1時~6時)

第1回 平成25年11月14日(木)

「商標権を味方につける事業運営の方法」 ~その名前、本当にあなたのものですか?~
講師 青山隆徳、長友慶徳(弁護士)

第2回 平成25年12月9日(月)

「知らないと怖い著作権リスク」 ~著作権に関する正しいリスク管理と有効活用法とは~
講師 末吉亙(弁護士)

第3回 平成26年 1月20日(月)

「形やデザインをめぐる知財リスクと防衛策」 ~商品、マーク、販促物、そのデザインは大丈夫?~
講師 衞藤彰(弁護士)

第4回 平成26年 2月18日(火)

「海外取引の実務と紛争実例、その解決法」
講師 叶晨(中国法弁護士)、中村達也(日本商事仲裁協会 仲裁部部長)

スケジュール(予定)

第1回 第2回
①13:10~14:40 講義
「商標権を味方につける事業運営の方法」~その名前、本当にあなたのものですか?~
※商標権に関するリスク回避と知財活用ノウハウ
①13:10~14:40 講義
「知らないと怖い著作権リスク」~著作権に関する正しいリスク管理と有効活用法とは~
※コンテンツ、広告、販促資料等、広く著作物に関するリスク回避と活用ノウハウ
10分休憩
②14:50~16:20
ワークショップ・発表
・実際の具体例を基に、商標に関するリスク回避方法を検討
②14:50~16:20
ワークショップ・発表
・事例に基づく、著作権に関する知財リスク回避方法を検討
10分休憩
③16:30~18:00
ワークショップの講評を含む、商標権リスク回避と活用のポイント
③16:30~18:00
ワークショップの講評を含む、著作権リスク回避と活用のポイント
第3回 第4回
①13:10~14:40 講義
「形やデザインをめぐる知財リスクと防衛策」~商品、マーク、販促物、そのデザインは大丈夫?~
※意匠権、著作権、不正競争防止法、立体商標等を中心とする、「デザイン」に関するリスク回避と活用ノウハウ
①13:10~15:30 講義
「海外取引の実務と紛争実例、その解決法」
※東アジア地域における海外進出の紛争事例とリスク回避ノウハウ
10分休憩
②14:50~16:20
ワークショップ・発表
・紛争事例を題材に、デザインに関するリスク回避方法を検討
②15:40~18:00
「海外取引に関する紛争解決法」※海外進出・取引においてトラブルが発生した場合の効果的解決法と事前準備のノウハウ
10分休憩
③16:30~18:00
ワークショップの講評を含む、デザインに関する知財リスク回避と活用のポイント

【会   場】  天神ビル 11階会議室(福岡市中央区天神2-12-1)
【定   員】  30名程度(多数の場合は、主催者による選考を予定しています。)
【参 加 料】  3万円(4回分合計。ご欠席の回がありましても返金できません。)
【お申込方法】  お申し込みは、以下の窓口に、①会社・団体名 ②所属部署 ③氏名 ④住所
        ⑤電話・FAX ⑥Eメールアドレスを11月7日(木曜日)までに、メールまたはFAXでお送りください。
【申 込 先】 一般社団法人 福岡県発明協会  担当 : 久保田
        e-mail : kubota@jiii.smile-net.ne.jp
        FAX : 092-409-5485